葬儀後から法要までの手順

ご葬儀の翌日から
大切な人とのお別れの後、悲しみの中にあっても行わなければならない大切な手続きがあります。
お礼やお寺参り、お仏壇の手配や四十九日、初盆や一周忌・・・
戸惑うことなく安心して行えるよう、ご葬儀から一周忌までの手順にお役立て下さい。
目次
「後飾り祭壇」を飾る
 霊具膳をお供えする
 お寺参りに伺う
 ご挨拶・お支払
 四十九日(五十日祭)までの準備
 四十九日以降の回忌法要
 初盆を迎える
 年賀状の欠礼
 葬儀後の手続き一覧
「後飾り祭壇」を飾る

ご葬儀当日会葬に来られなかった方がお参りにみえたり、ご近所が「お淋見舞い」に訪れることがあります。
いつでもお参りができるように、ローソク・線香を用意して祭壇を整えておきましょう。
また、四十九日(五十日祭)までは香典をいただくことがあるので、自宅に返礼品を用意しておきましょう。


霊具膳をお供えする
仏式では四十九日まで毎朝ご霊前にお膳をお供えします。
ご霊側に箸が向くようにお供えし、ふたは外しておきます。
神式では塩・水は毎日かえ、他のお供物は古くなる前にとりかえます。
※写真は上が祭壇側になります。



お寺参りに伺う
葬儀当日、または翌日にお寺参りをします。
(寺によっては行わない場合もあるので事前に打合せをしておきます。)
御導師様へお布施と菓子折等を持参します。
お寺参りの際には四十九日法要の日程も相談しましょう。
※神式では必要ありません。



ご挨拶・お支払
葬儀でお世話になった方、お手伝いをしていただいた方々(近所や職場)にご挨拶にうかがいます。
借用品(食器・座布団・介護ベッド等)は返却し葬儀に関わる支払を済ませます。



四十九日(五十日祭)までの準備
日程の決定 寺院様・神官様とご相談下さい。
案内はがき 親戚関係と特にお世話になった方々に郵送します。
  法要日の1ヶ月前には送付しましょう。
  返信用のはがきは不要です。
会食の手配 平安祭典の法事会館をご案内いたします。
  ご自宅、寺院へも料理の配達を承ります。
返礼品 会食の席におつけします。
    (1戸につき1つ、宗教者にも用意します。)
お墓の準備 お名前(ご戒名)等を石塔や墓誌に彫り込みます。
  法要の際、納骨やお墓参りをしますので、あらかじめ
    お墓まわりを清掃しておきましょう。
     
   
     
本位牌 白木の位牌から本位牌に変えます。
    法要日までに用意しておくと良いでしょう。
    (一周忌までの場合もありますので寺院とご相談ください。)
お仏壇 四十九日が過ぎたら祭壇を片付け、仏壇に位牌を移して
    お参りをします。
  自宅に仏壇がない場合は新しく仏壇を購入し、
    僧侶に開眼供養をしてもらいます。
  お仏壇は住宅事情にあわせた大きさと、デザインを
    選びます。
  神式ではお仏壇にあたる「神徒壇」を用意します。
     
   
     
四十九日の準備、位牌・仏壇・墓石とすべて平安祭典が承ります。

 

四十九日以降の回忌法要
仏式

新 盆 亡くなって初めてのお盆供養
一周忌 亡くなって1年目
三回忌

亡くなって2年目

七回忌 亡くなって6年目

十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十三回忌
神式

新霊祭 亡くなって初めてのお盆時期の霊祭
一年祭 亡くなって1年目
五年祭

亡くなって5年目

十年祭 亡くなって10年目

以降10年毎の霊祭


 

 

初盆を迎える
故人を亡くしてから初めて迎えるお盆を「新盆」といいます。 (神式では「新霊祭」) 四十九日前にお盆になるときは翌年を新盆とします。 わが家に帰ってくる精霊をお迎えするために家紋提灯と祭壇を飾り、迎え火を焚きます。 僧侶にお経をあげてもらい、お墓参りをします。 そして、お見舞いに訪れる方のために、自宅に礼状・返礼品、組合・親族用の料理を用意しましょう。
すべて平安祭典がご案内します。

 

年賀状の欠礼
「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます。」という喪中葉書を11月中か遅くとも12月初旬に出し、年賀状の差し出しは控えます。
年賀欠礼の目安となる親族の範囲は、自分から見て亡くなった方が配偶者、子供、実の両親、同居している配偶者の両親と考えて良いでしょう。

 

 

 

葬儀後の手続き一覧
葬祭費 (国民健康保険加入者 → 市町村役場へ)  
  埋葬費 (社会保険加入者 → 勤務先または年金事務所へ) 2年以内
遺族年金など  (厚生年金 → 勤務先または年金事務所へ)  
    (国民年金 → 市町村役場へ) 5年以内
生命保険の死亡保険金 (保険会社・郵便局・農協等へ)  2か月以内
年間医療費が10万円以上なら (事業所または税務署へ)  4か月以内
年死亡した人の所得税の確定申告 (事業所または税務署へ)  4か月以内
遺産の相続方法を決めて、遺産分割協議書を作成する。 (司法書士へ) 
相続税の申告 (税務署へ) 
銀行預金や郵便貯金の引き出し、解約など。
  死亡した人の口座は原則として相続手続き完了まで取扱いが停止される。
  (各金融機関)
相続遺産のうち登記の必要な土地、家屋などの所有権移転登録 (司法書士へ) 
NHK、電気、ガス、水道、電話など公共料金の名義変更 (各相手先へ) 
自動車の名義変更。新しい所有者に納税義務が移る。 (販売店、陸運局へ) 
自運転免許の返却 (警察署へ) 
クレジットカード等の解約 (カード会社へ)